日本も小宮生也も魅力的!魅力満載!!

こんにちは!みなさんもご存知かと思いますが、日本をこよなく愛す小宮生也と申します。
日本は本当に、とにかく魅力的で、素敵な国だと小宮生也は思います。
全ての都道府県一つ一つが色とりどりの魅力であふれていて、同じような都道府県は一つもないんです。そう思うのは僕だけでしょうか??

日本らしさを感じられるところ、異国感を味わえるところ、南国気分になれるところなど、日本にはほんとに様々な都道府県があります。

まだ行った事がない県がある人がほとんどではないでしょうか?
小宮生也は47都道府県すべて訪れたことがあります。しかも何度も訪れるたびに各県の魅力を新しく見つけることができてとても楽しいです。

皆さんにも日本人として、日本を好きになってもらいたい!日本の良さを知ってもらいたい!と小宮生也は思っています。
日本人が日本の魅力を知らなくてどうする!!

あ、僕自身が日本中旅した理由は、外国人の友達に、日本の歴史や素晴らしいところ聞かれたときにあまり答えられなかったんです。日本は素敵な国なのにそれを知らないなんてもったいないね。と言われたのがきっかけでした。
確かに。日本人なのに、日本の歴史や、日本のどこが素晴らしいか、しっかり答えられる人は少ないんじゃないでしょうか?

そんな方のために、日本の魅力、各都道府県の素敵な所を小宮生也の研究結果と共にご紹介していきたいと思います。

日本は先進国

富士山
日本は世界でも、先進国として、経済産業・文化面においても発展しています。
歴史も古く、全国各地で日本古来の伝統や風習、文化が残り、歴史的建造物も多く見られます。昔建てられた城や寺もたくさんあり、国内外問わず、たくさんの観光客がやってきます。

また日本は四季がはっきりしている国なので、全国各地で季節ごとの味わいを楽しめるのが特徴なのではないかと思います。
海にも囲まれ、山もあり自然豊かで、様々な産業や農業が盛んです。

冬には山でスノーボード、夏には海でマリンスポーツ。なんでも楽しめる日本はやっぱり素敵ですね。
日本の首都東京は、海外の首都に負けないくらい、栄えていて、とても刺激的な街だと言われています。東京都の中でも、渋谷や新宿など、若者が集まる場所。飲み屋さんやおしゃれなレストランがたくさんあってキラキラしていて魅力的です。またファッションも最先端を行き、常に流行の真っ先にいるのが東京ではないでしょうか。

南国気分を味わえる

沖縄県は、日本にありながら南国気分を味わえる場所です。
ちなみに僕は6年前に結婚したのですが、沖縄で結婚式を挙げました。ハワイに行くほどお金がなかったので…。笑
それでも大満足でした。海は透き通るほどきれいで、いつまでも浮いていられました。いたるところに植えられているヤシの木がまた、南国感を漂わせていました。

僕は、夫として妻に綺麗な景色をみせてやりたい。また子供たちの父親として、大きな世界を見せてあげたいと思っています。

まだ子供も小さいので、毎年夏休みは海外ではなく、沖縄に来ています。
東京のように、人が密集し、高層ビルが立ち並ぶ景色とはあまりに違いすぎて、本当にただただ南国気分で、現実を忘れさせてくれます。

こどもたちも毎回大騒ぎ!!僕の沖縄の一番好きな所は、人の温かさです。
どこへ行っても沖縄の人は、たいてい優しく話かけてくださって、子供たちにも優しくしてくれます。初対面とは思えないほどの温かさで話しているとすごく落ち着きます。

沖縄の良さは、温かい気候と温かい人々でできているのだと小宮生也は思います。

日本を感じさせる京都

また、日本で一番日本を感じることができるのが京都です。
京都は街並みもとても古風で、すごく道徳な雰囲気が漂っています。普段着物や浴衣を着ない人も、京都では1日浴衣を着てお散歩したりするのが流行です。レンタルで安く借りられるみたいですよ。
せっかく京都に来たからには、浴衣や着物を着て、金閣寺に行ってみたり、清水寺で、八つ橋をつまんでみたり。さらに雰囲気が出るともいます。

上述したように、金閣寺や銀閣寺、清水寺など、古くからある建物も多く残っています。また日本式の建物は、もちろん外国にはなかなかないため、外人さんが一番人気なのは京都です。

日本の魅力あふれる京都は、国内外問わずに、年中観光客であふれています。

日本の魅了を勉強しましょう

上記に示した通り、日本には魅力がありすぎます。あふれるほどです!!!そんな日本についてもっと勉強しませんか??
せっかく日本に生まれ、日本に住んでいるからには、もっと日本を楽しみましょう。

全国各地の魅力を知れば旅行に行くのも、楽しくなると思います!受け継がれていた歴史を、文化を、僕たちが引き継いで、子供たちの代、またその子供たちの代までつないでいきませんか??

小宮生也は少なくとも、自分の子供には、日本の素晴らしさ、歴史を教えています。皆さんに少しでも、日本を知ってもらえるように、これから、いろいろご紹介していきます。