海の幸が際立つ佐賀県のご当地グルメをご紹介!

 

こんにちは!小宮生也です。
九州の北西部に位置する佐賀県は、年間の平均気温が16度前後と穏やかな気候が特徴の地域です。朝鮮半島が近いことから、昔から大陸文化の窓口として重要な役割を担ってきました。観光地として特別目立つ存在というわけではありませんが、温暖な気候で九州の都・福岡県も近いので非常に暮らしやすい街だといえるでしょう。そんな佐賀県にはどのようなご当地グルメがあるのか、小宮生也が詳しくご紹介します。

いかしゅうまい

佐賀県のいかしゅうまい

小宮生也の大好物の、いかしゅうまい!
唐津市呼子で水揚げされるいかを「呼子いか」と呼ばれます。ケンサキイカ、ヤリイカ、アオリイカ、コウイカなど多くの種類のイカが水揚げされますが、周辺の旅館や料理屋ではお刺身や煮つけの他に、「いかしゅうまい」として楽しまれています。いかしゅうまいは福岡の明太子と並び、九州土産としては人気を二分するほどのご当地グルメです。

【海中魚処 萬坊】

呼子大橋の近くにある名護屋湾に浮かぶお店が「海中魚処 萬坊」です。海中にある生簀の魚を眺めながら海鮮料理を楽しむことができます。小宮生也は祖父も連れていきましたが、座敷もあるのでお年寄りでもゆっくりすることができて安心です。「いかしゅうまい」発祥のお店としても有名なので、訪れた際は是非元祖いかしゅうまいを味わってみてください。
住所:佐賀県唐津市呼子町殿ノ浦1944-1
電話番号:0955-82-5333

【河太郎 呼子店】

呼子で水揚げされた新鮮なイカを味わうことができる「河太郎」。店内にある大きな生簀で泳ぐイカを眺めながらイカの活造りを楽しむことができます。お口直しとして最後にみかんをもらえるのも特徴的なお店です。
住所:佐賀県唐津市呼子町呼子1744-17
電話番号:0955-82-3208

むつごろうの蒲焼

むつごろうは日本では有明海と八代海の一部でしか捕れない水陸両生魚です。有明海の珍味として有名で、見た目にはお世辞にも美しいとは言えませんが、その味はうなぎよりも美味しいと評判です。一般的な食べ方は蒲焼きで、頭から尾まで丸かじりできるのも醍醐味だといえます。

【割烹 中央】

むつごろうの蒲焼を味わえる「割烹 中央」。旬な食材を活かした月替わりの「おまかせ会席」が一番の人気メニューです。小宮生也的にはわらすぼの唐揚もおすすめです。
住所:佐賀県鹿島市大字高津原3923
電話番号:0954-62-2125

【旅庵 松川屋】

むつごろうの蒲焼を楽しむことができる老舗店「旅庵 松川屋」。伝統を感じる店構えですが、店内はモダンな雰囲気を感じさせます。地元の珍味を集めた有明料理が魅力のお店で、むつごろうの他にもわらすぼの甘辛煮もおすすめメニューです。
住所:佐賀県佐賀市松原3-2-22
電話番号:0952-24-5285

有田焼カレー

駅弁として人気の有田焼カレーは、全国駅弁ランキングで1位を獲得したこともあるほどです。有田焼に盛られたカレーは体に優しい28種類のスパイスを使用してじっくりと煮込まれています。駅弁だけでなく、街の料理屋さんでも味わうことができるのでカレーファンは要チェックです。

【創ギャラリーおおた 本店】

「創ギャラリーおおた 本店」は有田町のお店だけあって、有田焼カレーを提供するお店として大人気のお店です。地元産の食材にこだわって1週間じっくりと煮込んだ本格派のカレーです。店内には陶器も展示されていて、観て楽しむこともできる珍しいお店です。
住所:佐賀県西松浦郡有田町南原甲444
電話番号:0955-42-4275

まとめ

佐賀県は九州の中でも目立つ存在ではありませんが、有明海や有田焼など見どころのある観光地でもあります。イカの水揚げが盛んなだけにイカを中心とした海鮮系の料理が人気で、珍味と呼ばれる料理が多いのも特徴的です。暮らしやすい気候で、福岡県からも近いことから観光地としても十分楽しめる地域です。九州の観光といえば福岡県や温泉地として有名な大分県などが注目されがちですが、佐賀県も他県に負けないだけの魅力的なご当地グルメが揃っているので、是非一度訪れてみることをおすすめします。

以上、小宮生也がご紹介しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。